プール

午前6時半、ラジオ体操のときから陽射しがまぶしかった。 いつもと違うコースを走り、森下から歩いて帰ってきた。 ●  ●  ● 高橋のらくろーどには、芭蕉の句を描いたのぼり旗がいくつも立っています。 それをひやかしながら歩いて帰ってきました。 帰ってきたら、うちの前に道猫たちがいたので、ミルクをあげました。 すごく暑かった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人の面目、立腹のメンツ、夏のふりかけ

本日から6時起床。顔を洗い、紅茶を1杯飲んで、ラジオ体操へ。 友達の子供たちが「皆勤賞めざす!」って。聞いてしまった以上、こっちも、ねぇ……。 それに、町会のジイさんたちに腹を立て、生意気を言う以上、言うだけのことはやっとかないと。 面目、メンツ、いろいろ。八方塞の早起き。 起きてすぐ、窓を開け、天気を確認。 昨夜の予報じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

収穫

プランターと植木鉢で育てているミョウガがとれた。 小ぶりだけれど、5つ。 とれたては格別の香り。いい香り。 早速、お豆腐を買いに行き、刻んだミョウガと、小女子をのせ、醤油をかけて食べた。 夏だなぁ。 この夏、もういくつとれるだろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕映え美しく

行きが向かい風なら、帰りは追い風のはず、なんだが……。 折り返し地点を過ぎると、風を感じない。 思惑外れて、笑っちゃう。 追い風は、向かい風ほど感じないものなんだろうか。 暑いを通り越して、熱い。笑うしかない感じ。 湿度が高い今日この頃は、日没後~日暮れ前に走る。 噴出す汗。それでも発散しきれない熱が、体の奥から膨らんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝顔

バカだなぁ。後からホントに、自分にあきれた。 「Fくんの寝顔見るのなんて、はじめて」。 病室に案内してくれた彼の女房のHちゃんに、つい言ってしまった言葉。 ヒトの亭主つかまえて当たり前のこと。ことさら言うと……後で考えたらヘン?! ……すごくヘン! だった。 神輿会の仲間には、行事の最中に本気で昼寝しちゃう人もいるし、祭の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

くるくる

仕事が一段落して、走り出したのは18時半過ぎ。 なんて言ったらいいか……、キレイな空だった。ピンクとブルーが所々混ざって、外国の宗教画の背景のような、やわらかい色彩。パールホワイトの雲も浮かんで。 「19時半から祭に備えた町会の会合があるから、いつもよりキモチ早いスピードで、ショートコースを走ろう」そう決めて、黙々、前へ、前へ行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の晴れ間に

日曜の朝、走る前のストレッチをしながらNHK(教育テレビ)「新日曜美術館」を見た。 犬塚勉さん(1949-1988)という画家の精悍な絵画生活と作品が紹介されていて、衝撃を受けた。 (http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2009/0705/index.html 再放送が12日20時~あります) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

似て非なるもの

仕事で、また個人的にも信頼している人から「さっぱりした感じ」と言われた。 「走り続けているのがいいのではないか」、「滞っていたものが流れた、そんなカンジ」とも。その客観性を信頼しているので、それはとても嬉しいことだった。 とはいえ自分ではさほどその実感がない。まだまだ、ジタバタ走っているなぁ……と苦笑する日々だから。 走る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フレー、フレー

本日より、友達のUくん一家は故郷へUターンして生活を始めたはずだ。 Uくんは宿願の鉄道会社に採用され、家族を伴って故郷へ帰った。 壮行会をした時点では、故郷の福岡に住み、Uくんは自社新幹線を利用して山口へ出勤することになるか、家族で山口の社宅に入るかは未定だった。まだ知らせがないから、どうなったのかはわからないが、いずれにせよ2…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大物

こやつばかりではない。親分のタマだって、そうだ。 居たいところに、居たいだけいる。したいことを、したいだけする。 そんな風に、見える。 大したものだ。 この頃、うちの玄関先、物干しの脇で昼寝をするようになったクロスケは、ワタシが洗濯物を干し始めると、目を醒まし、寝ぼけまなこで、こっちを見る。 何、してんの?(遊ぶの?)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熟慮の末……

今日から怒涛の週末が始まった。予定通り、昨日締切りの医薬レポートを昨日深夜上げ、今日締切りの旅記事を今日の夕方上げ、まず、「怒涛第1弾・ユーミンのコンサート」へ行った。 オープニングが『航日』で、新譜の楽曲の間に『やさ包』『青メ』『ジャコ日』が散りばめられて……本編ラストが『番月』で『み陰』。アンコールには『埠風』も入っちゃっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ムシムシちゃん

うゎー、出たぁ。小名木川沿いに出たとたん、大量のムシムシちゃん。 ここまでは大したことなかったのに、やっぱり水辺に出ると違う。 そこはかとなく漂う腐敗のニオイの中、蒸し蒸し、ムシムシちゃんの大群。見えるようだ。 カンベンして欲しい。今度の日曜はスイカレースだっていうのに、これじゃ距離、走れない。 ムシムシちゃん1号が左足…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝サポーター

昨日の朝から膝サポーターを装着して走り始めた。 昔、スキーで膝の靭帯を痛めたせいか、運動したり、ハイヒールを履いたりすると、夜、膝周囲がうずく感じがある。あのときかかった医者は、今思うとヤブだった。ちゃんと治せてなかったかもしれないと思う。だから再び痛めないように用心で、サポーター装着。 おおっ! いいじゃないか、これは。 装…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒猫、クロスケ、道の猫

初代道猫、タマの子分。2代目道猫、クロスケ。 タマはキレイ好き。始終、毛づくろいしている。 クロスケはあまり……。 野良から道猫になったので、飼い猫から道猫になったタマとはどうしても育ちの違いが出てしまうようだ。なんとなくいつも野暮ったいというか、なんというか……。 タマにはお母さんがいたが、クロスケにはいなかったから、身ぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両親

友達が「くも膜下出血で倒れた」と電話で話したとき、母はしばし絶句した後、「あなたも気をつけなさいよ」と言った。 その言葉を受け、私はムッとした。 何を、どう気をつければいいと言うのだ。そんなしょうもないことを言わないでほしい。 ……しかしその夜、ふと母の言葉を思い出し、「それがお母さんというものなのかもしれない」と思った。しょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気持ちワルイ

「なんでも、はんぶんこ」。 そう言って、子どもがクレヨンやおもちゃやを選り分けていて、最後はおやつでもらったチョコの半分を臨月の母親に持っていくというCMがある。 もうすぐ弟か、妹が産まれてくる。それがうれしいのだろう。 「いいお兄ちゃんになってね」という母親の期待に応えたい気持ちもあるのかな。 そう思えば微笑ましい気がしな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉快

過日、神保町の戦国焼鳥Iの大将ご夫妻とお食事をした折、毎週末、その週に食べるトマトを、トマト専業農家に買いに行くと聞き、 「それはうらやましい。青いトマトも買えますか?」 「青いトマトなんてどうするの?」 「糠づけにします。おいしいです」 と話した。 それで……届いたのが、写真の青いトマト。 すっかり『催促』したようにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダメダメだぁ

すべてのセレモニーが終わった後、逝った友達の奥さんがやさしく声をかけてくれた。 「K(彼らの長男)がTちゃん(私のこと)は泣き虫だなぁって笑っていたよ」。 気丈な彼女は、逝った友達のこと「文句は言わないようにしようと思ったけど、やっぱり言っちゃう。まったく、いつも私が何とかするって思っているのよ、うちのパパは」と怒ってみせ、ほと…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

キレイなウマ焼けが見れそうな、夕方…

強い西日が射している。 太陽が夏の道を通りはじめて、このビルの北側にも陽が射しだした。 数日ぶりに快晴。からっと乾いた洗濯物に、ダメ押しみたいな西日が当たっている。 これから銭湯に行く。タダ券をもらったから、友人Wに電話をして一緒に行こうと誘った。一緒に行けば喋れて、長湯も飽きないだろう。いやな汗を搾り出してこよう。 い…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

フルコートのD

昨日は快晴。母の誕生日で、妹と3人でドライブ&新鮮なお魚満喫ランチ。 母が楽しそうに笑っていると嬉しい。 天気がよければたいがい機嫌よく笑っているが、昨日はとくに楽しそうに笑っていたから、とくに嬉しかった。 写真は訪ねた道の駅で見ためずらしい木。 「メラレウカ リナリフォーリア」という名前の木だと書いてあったが、ぜったい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more