伊勢湾フェリー

26日、月曜。午前中、二見シーパラダイス、午後、鳥羽水族館を取材した。 前夜は先に名古屋に入って別の仕事をしていらした写真家・中村庸夫さん、武弘さんと合流。打ち合せは済んでいた。 だから、取材前には中村さん達と再び伊勢神宮外宮の別宮・月讀宮に参拝し、伊勢志摩卸売市場へ寄り、市場内の食堂でモーニングを食べ、二見シーパラダイス側の二見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早朝散歩

出発前に月讀宮と外宮に参拝。両宮をつなぐ神路通りの厚生小学校のフェンスにやさしい標語。なんとも清々しい朝です
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢神宮

しばらくブログをさぼっていた間には、いろいろあって…詳細はおいおい書くとするが… 今日は伊勢にいる。三重県の伊勢市、です。早朝から外宮、内宮のほか、市内の別宮、猿田彦神社に参拝できた。 よく歩いた。 一人だから、気のむくまま…とにかく参拝したかった別宮のほとんどへ行けた。 5月~と聞いていた「赤福氷」が食べられた。氷がおいし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようやく

携帯からもブログを更新できるように設定した。 本当にできるか、確かめてみよう… 写真は昨日、最後のお魚料理教室で作った…いなだ刺身、いなだ若草焼き、いなだ中華風サラダ。最終日だったので、「修了証書」もらった。 昨日、日中は水族館取材で、夜はお魚料理教室。なかなか複雑な気分だった…〓
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道猫・第5話

道の猫-5 睦月 末日  半分崩れた家は周囲を黄色のテープで囲われ、敷地内・立入禁止になっていた。クロより真っ黒こげの柱。強い風が吹くと、まだ灰が舞う。5日ほど前の夜、起こった火事で燃えてしまったんだ。  公園に来る途中、焼け跡の前を通ったから、あの怖かった夜を思い出しちゃった。  そういえばあの晩も、この公園で遊んでいたんだ。何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道猫・第4話

道の猫-4 霜月末日  うーさぶ。  南の表通りと違って、ワタシの道は建物の裏手、北側だから超寒いの。  これからしばらくの間、この通り沿いは2階のベランダより上に行かなきゃ、まったく陽がささない。毛皮を着てても寒い。道ネコになってはじめて迎える冬…。  太陽の通り道がどんどん下がっていく。だから陽光は建物に阻まれて、この道の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先週の週末、ライターのDさんと共に、横浜へウォーキングの取材に行った。 朝からえらい寒く、ロケには光がキツすぎるほどの陽射しだったが、月内締切の仕事だから、その日に取材&撮影を終わらせなければならない強行軍だった。 とはいえ、クライアントから指定されたコースを実際に万歩計を着けて歩き、あらかじめ資料で見て予定している観光スポットをめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ええじゃないか

政治と金の問題が騒がしい。 エラい人たちが揃って、マスコミに取り上げられている。 だが…。 私の周囲の人たち、市井に生きるフツーの金銭感覚をもった人たちは、口を揃え、 どの党だって、政治家の誰だって、似たようなもんじゃないの?! 誰や彼が捕まろうと、捕まらない方がいいと首相が援護しようと、そうじゃないと撤回しようと、表に出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝の楽しみ

NHKの朝の連ドラ。これが終わると、すぐニュースが始まる。 切り替わったその瞬間の、アナウンサーの表情を見るのが楽しみだ。 ドラマのラストシーンが悲しい場面だと、すこし目頭をしかめていたりする(ように見える)。 口をきゅっと結んで、んー、という表情だったりする(ように見える)。 感激のシーンの後は、胸の内の“じーん”を噛…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ジョグ記念日

昨日12日、走り始めて1年経った。 本日、ジョグ1周年記念日♪ 数えてみたら183日、走っていた。 183/365。 はからずも半分走っていたことに気づき、自分で驚いた。 2、3日に1度のペースくらいかって思っていたのに、1日おきに走っていたんだ。 なんか、すごいなぁ。我ながら感心するなぁ。 よく走ったもんだ。…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

年末年始の風景 ~アンジュレーション~

年末: いつもは三が日に書く年賀状だが、年内に書き上げ、出したい。 一言を記すために万年筆を出したら、インクがなくなっている。 ペンケースを点検すると、その中で漏れたようだ。 気に入りの皮のペンケースの内側に、大きなインクのしみ。 えーっ! えーん。 しばらく気がつかなかったせいか、新しいカートリッジを差し込んでも、字が書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分ぎり

日の出直後でも、走り出して5分も経てば体は熱くなってくる。 うなじはひんやり、出始めた汗が熱を飛ばしてくれる。 昨日の雨で小名木川の水位が高い。 橋の下の遊歩道に渡してある浮き橋は、かがまないと通れない。 おもわず手を合わせたくなる朝日を浴びて、今日も始まった。 神々しい光を全身に受けて、もう今日はこれでいいじゃないかとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麗しの女 ~プレゼントもって~

今日は、今も大切な友達・Mの三回忌なので、お墓参りへ行ってきた。 助手席に、共通の友人Hさんから託された花籠を乗せ、東北道を北上。 今日の音楽は、カーラ・ボノフ。 今日のためにアルバム「麗しの女」を手に入れたかったが、手に入らず、 しかし、アルバム「麗しの女」からいくつもの楽曲が収録されている「プレミアム・ベスト」が手に入っ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

テレビって

テレビをつけたら、歌謡祭とやらをやっていた。 今年もトリはスマップかな。あと数曲で、スマップだな。 そう思ったから、観ていた。 人気者の女性歌手が、昔の大スターのヒット曲をカバーした。 歌い終わって、インタビューに答えたとき、 「両親とカラオケへ行ったとき、オカンがよく歌う曲。聞いて覚えた。今日はオカンの(持ち歌)横取り。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キレイが多すぎる

黄に色づいたイチョウの葉。 冷たい空気に温かみを添えてキレイ。 赤い実やら、紅葉やら、枯れ枝やら、こぼれ種から咲いた季節外れの朝顔やら。 走っていると、キレイ、キレイ。 …。 キレイとか、カワイイとか。 そんな言葉しか出てこない。 ほんとうはもっとちゃんと言いたい。 それぞれに言葉を添えたい。 でも、キレイが多…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

お魚料理教室

半年間・第4木曜の夜に「お魚料理教室」に通うことにし、先日その第1回の講座へ行った。 友人Hさんが「やったことがないことをするとよい運気」ということで、誘ってくれたのが縁で行くことにした。 これまで我流でやってきたが、どこかでちゃんと学びたい気持ちはあり、江東区の魚屋さんの組合主催の料理教室に行ったこともあるが、1度でいろいろ覚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひさびさ

電話も打ち合わせもない連休こそ、集中して原稿を書くぞ。書かなきゃ。 意を決して、連休を迎えたものの、なかなか筆は進まず。 資料をどう原稿に反映させるか、頭の中の整理がうまくつかず、資料再読して1日、また1日。 深読みはできたが、予定から2日ズレちゃった。 今日になってようやく筆が進み始め、いよいよのってきた頃に「夕焼け小焼け」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今頃になって

清々しく目醒め、7時には走り出していた。 起きたときは、まだ日の出前。 テレビで「今朝の日の出は6時05分」と聞き、早々に走りに出ようと思った。 7時の空は雲一つない、青空。 冷たい空気。 そして、まだ出てきたばかりのお日様。とてもまぶしい。 新しい朝が来た、希望の朝だ…♪ ラジオ体操の歌を思い出した。 橋の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日々是好日

すこし、なまけようか。次の橋まで歩こうか。 そんな風に思った途端、ドリカムがかかる。 “よしだみ”が、「だからこそ その先へ…」と歌い出す。 だからというか、なんというか、止まれない。 「どこまでいくの?」 「ちょっと苦しいトコまで」 心の中で自問自答して、笑う。 あぁ、苦しい。 なんでわざわざ、苦しみに出る?! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いろいろなこと

 同じことを続ける時期には、曜日感覚がなくなってしまう。  走ったり、近所へ買い物に行く以外は、こもって資料読みをしていたら、先の連休に気がつかず、最終日の体育の日の夕方、「月曜だけど、連休だったんだ」と間抜けな感想を持った。  その日、私と同様にフリーで編集の仕事をしている先輩とお茶を飲んだのだが、彼女も「連休だったんだ」と笑って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more