サモアのちょっとエコ?!

アクセスカウンタ

zoom RSS 何度も試される

<<   作成日時 : 2010/06/26 23:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 決して同情する気も、かばう気もない。が、自分にも起こりえることと、ニュースを観ていて思った。今週、車の工場で起きた無差別殺人。無差別というのは、社会全体が“自分をこうした”と思ってのことだろう……と、北野タケシ監督がコメントして、それについて、自分もかつて社会全体と言わずとも、自分が置かれた状況を人のせいにしたりしていたから、起こりえることかもしれないと観たのだった。
 けれど、今は違う。何処へだって、自分を連れて行くのは自分だと気づいた。自分を阻むのも、自分だった。人や、社会のせいにするのはお門違いだ。
 でも、人や、社会のせいだと思ってしまうのは、他者の価値観を手放せないからだろう。いつの間にかすり込まれたり、抱えさせられた「こうすべき」「こうあるべき」という価値観に縛られ、自分の価値観を隠していると、隠しているのは自分でも、何か問題があると人の、社会のせいだとしか思えなくなってしまうのではないか。
 そこから離れるにはもう、他者の価値観を手放し、自分の価値観で生き、そのために生まれる罪悪感とも付き合い、不安定と、やっかいな自分と付き合う勇気をもつしかない。
 その勇気をもって動き出すと、また、何度も試される。
 やっぱり「こうすべき」「こうあるべき」という価値観を押し付けられたり、自分でもそう思うしかないような事態に巻き込まれたりして、試される。その間はときに長く、かなり辛い。自分の勇気を悔やみ、疑うくらい、次々いろいろな問題に出会い、苦しい。
 その期間を耐えに、耐えていると、ある日、ある瞬間ふっとそこを抜ける。
 宇宙のリズムと周波数が合ったかのように、全ての流れがスムーズになって、ラクになる。それは快感。一度、味わったら忘れられない、快感。すこし自分を信じることができるようになり、試験をパスすればラクになる……仕組みが分かった気がする。
 とはいえそれで終わりではない。また自分は、自分の価値観で、わが道を選択する場面に出会い、勇気を出し、試され、耐える日々を過ごすことになる。ただ2度、3度そうしたことを繰り返す度、試されても大丈夫だと思えるようになるし、多少のやせ我慢もあるが、全体を味わっていると思えるようになる。
 自分の人生を生きているよね、って、自分と話せるくらいにはなる。
 私がこうなれたのは、一人の力じゃない。周囲のいろいろな人との関わりの中で、そのことを学習した。学ぶということは、変わるということで、つまり学べた。無差別殺人の犯人には、そんな機会はなかったということだろうか。それは……。被害者のご遺族の心情を思うともはや口にできないが、だからこそ口惜しい。そして私は自分もその危険をはらんだ人間だと思うから、自分にも起こりえることとして、ニュースを観たのだった。

 来週、「水族館! 海の人気ものに会いに行こう」(中村庸夫・中村武弘著、アスペクト刊)が発売になる。この本と、「みんなののり弁100レシピ」の編集長であるT女史と共に、先の休日、千葉県佐倉市・川村美術館へ『ジョゼフ・コーネル×高橋陸郎』を観に行った。写真の蓮の花は、川村美術館の庭園に咲いていたもの。庭園にはさまざまな花々が清しく咲いていた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何度も試される サモアのちょっとエコ?!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる